僕が尊敬するマルセロ・リオス

僕の最も尊敬するテニス選手、マルセロ リオスのことを書きます。

90年代の選手ですから、ご存知ない方も多いでしょうか。当時から、個性のある選手で、この髪型、ファッションから、リオスを嫌いな人も多いようでした。

南米のチリ出身ということも珍しいことも珍しいことでした。

僕がリオスのことが好きだと言うと「私、嫌い」とか「何人か人を殺してそうだよね」とか言う人がいました。独特のファッションですから、日本人には受け入れられ難いようです。

実は、僕も始めはリオスが嫌いでした。独特のファッションですから受け入れるのに時間がかかりました。しかし、リオスが自分より大きな選手と戦い、勝利していく姿に、心を奪われていきました。

こんなに体が小さいのに何故強いのか、リオス試合を録画して何度も何度も観ていました。フォアハンドストロークが最高です。テイクバックは変な動作をせず体を捻るだけ。リオスのフォアハンドはボールがバウンド後に伸びるように感じます。それがゲームを有利に展開できる理由でした。まずグリップの握りが薄いです。厚い握りのグリップが主流になりつつある時代でしたのに、彼の握りは薄かった。

広告

アマゾンで買って良かったアイテム

マルセロ・リオスの基本データ

名前 マルセロ リオス
国籍 チリ
生年月日 1975年12月16日/td>
最高位シングルス 1位
最高位ダブルス 141位
利き腕 左利き
プレースタイル ストローカー
バックハンド 両手打ち
現役時代の使用ラケット ヨネックス
引退後の使用ラケット ウィルソン

身長175cmで世界ランキング1位

グランドスラムの優勝こそありませんでしたが、175cmと小柄な体格で世界ランキング1位になっています。プロテニス選手の平均身長は185cmです。これはものすごい偉業だと思います。僕はテニスが好きで長年見てきましたが、175cmで1位になった人はいません。

グランドスラムは優勝できず

グランドスラムは5セットマッチです。5セットとなると、早くて2時間、長い試合では10時間以上戦うことになります。
小さな体のストローカーは体力的に難しいのでしょう。ストローカーは1ポイント取るのに時間と体力を要しますからね。
そのような理由から、グランドスラムの優勝はありませんでした。

しかし、ポイントの高いグランドスラムを優勝せずにNo1になったというのもすごいです。普段の試合でいかに強かったかということですね。

広告

小柄なトップ選手を真似て欲しい

錦織選手を始め、日本人プロテニスプレーヤー、ジュニア達にも、リオスやアガシなどの小柄でトップ選手として活躍したプレーを真似して欲しいです。

外国人の長身選手のプレーを真似ても、筋力と身長がなければ真似出来ないかもしれません。そして体格と体力で劣る日本人が外国人と同じプレーをしていても勝ち目はありませんからね。