2016年8月17日

豆乳ヨーグルトの作り方

僕が毎日食べている豆乳ヨーグルトの作り方をお教えします。夏と冬ではヨーグルトの作り方が違います。今回は夏の作り方です。

豆乳ヨーグルトは、美味しくて、体にも良くて、カロリーも低い。最高の食品だと思います。僕は毎日豆乳ヨーグルトを500ml以上は食べています。

味もとても美味しく、僕の周りの女性達も「美味しい」と言って食べます。

広告

アマゾンで買って良かったアイテム

材料はBIOヨーグルトと成分無調整豆乳

成分無調整豆乳とBIOヨーグルトヨーグルトはBIOでなくても小分けされたヨーグルトであれば構いません。いろいろ試してみたのですが、BIOが美味しく出来るようです。

僕は普段、カスピ海ヨーグルトを種菌として使っています。カスピ海ヨーグルトの方が、免疫力を高めたり、健康メリットが大きいからです。『カスピ海ヨーグルトの真実』を読んで知りました。

今回は簡単に美味しく作れるように、小分けされたBIOを使います。

鍋に豆乳を注ぎます

鍋に豆乳を注いでいる 豆乳は写真のように、注ぎ口を上側にすると注ぎ易いです。

人肌くらいの温度に温めます

豆乳を温めている写真50℃以上にならないように、湯葉にならないように気をつけて下さい。

BIOヨーグルトを1パック入れます

BIOヨーグルトを鍋に投入

よくかき混ぜます

スプーンでよくかき混ぜますヨーグルトと豆乳をしっかり混ぜます。

放置する

布巾などをかけて埃が入らないようにして放置します。夏場は3~5時間ほどで固まり完成です。

完 成

豆乳ヨーグルト完成鍋をゆらして固まっていたら完成です。出来立ては冷えていませんが美味しいです。うちの母(72)は「出来立てのヨーグルトが美味しい」と言い喜んで食べてくれます。

冷蔵庫で保存し、2~3日で食べきって下さい。少しずつ雑菌が増えて、風味や味が落ちていきます。

トッピング

豆乳ヨーグルト僕はバナナ、ブルーベリー、林檎、柿などの果物や、クルミ、アーモンドなどのナッツを刻んでのせて食べます。アイスクリームをのせることもあります。

僕のお気に入り

きな粉とタピオカとバナナとブルーベリーをトッピング僕のお気に入りは、きな粉、タピオカ、ナッツです。

豆乳ヨーグルトと、きな粉はとても良く合います。洋食のヨーグルトと、和食のきな粉が合うなんて信じられないでしょうか。豆乳で作ったヨーグルトだからか、不思議ときな粉と良く合うのです。是非試して下さい。

ダイエット効果

豆乳ヨーグルトは低カロリーです。先ほど作った豆乳ヨーグルト(写真)を、1リットル全て食べたとしても、約550カロリーです。
豆乳ヨーグルト完成豆乳ヨーグルトは、カロリーが低いというメリットもあるのですが、消化・吸収・排泄をスムーズに行うことが出来ます。

上の写真は僕のお腹です。僕は毎日500ml以上の豆乳ヨーグルトを食べています。(ちなみに僕はお肉をほとんど食べません。)

広告

経 済 的

自分で豆乳ヨーグルトを作れば市販のヨーグルトを買うより経済的です。材料はこの二つ

  • BIOヨーグルト1個 40円
  • 成分無調整豆乳 180円

230円ほどで1リットルの豆乳ヨーグルトが出来ます。

市販のヨーグルトは500ml150円くらいするので、豆乳ヨーグルトを作れば節約にもなります。