ネタバレ注意警告

攻殻機動隊 新劇場版

戦闘服を着た素子とバトー
レンタル屋さんでDVDを借りて観ました。2回観ました☆

感想は、完成度の高い作品に満足しました。とても面白かった☆

前作のARISEシリーズよりずっとイイよ☆

デヴィッド
ARISEを観て面白くなく感じて、新劇場版を観てない人も多いんじゃないかな。今作は面白いから観てみて☆

広告

アマゾンで買って良かったアイテム

こんな人にオススメです!

電脳内で話し合う素子とバトー

  • 攻殻機動隊ファン
  • アニメを好きな人
デヴィッド
近未来を描くこの手の作品、男性は大好きなんじゃないかな。

予告編

クリックするとYoutubeで映画の予告をご覧になれます。

作品情報

基本情報

タイトル 攻殻機動隊 新劇場版
製作国 日本
監督
  • 黄瀬和哉(総監督)
  • 野村和也
原作 士郎正宗『攻殻機動隊』
脚本 冲方丁
音楽 コーネリアス
出演
  • 坂本真綾(草薙素子)
  • 塾一久(荒巻大輔)
  • 松田健一郎(バトー)
  • 新垣樽助(トグサ)
時間 1時間40分(100分)
製作年度 2015年
ジャンル アニメ、アクション、SF
制作会社 Production I.G
公式サイト http://kokaku-a.jp/

序盤のストーリー

幼少期の素子が義体をうまく操りジャンプしたり飛び越えたりするシーンから始まります。

みんなの評価

攻殻機動隊 新劇場版ヤフー映画映画.comの評価をご紹介します。

ヤフー映画3.69 点 / 評価:580件
映画.com3.7 点 / 評価:42件
〔2018年1月23日現在〕

デヴィッド
僕はみんなよりもう少し評価が高いです。

見どころ

食べるシーン
攻殻機動隊はシリーズを通して食べるシーンはほとんど無いと思いますが、今作では食べるシーンがあります。
野菜ジュースを飲む素子

未来のアイテム
指紋認証で開くアタッシュケースなど、未来の新しいアイテムがいくつか出てきました。
指紋認証で開くアタッシュケース

素子の幼少時代
下の画像は草薙素子の子供時代です。彼女の幼少期がえがかれています。
素子の幼少時代

エンドロール後も
マーベル映画のように、エンドロール後も映像がありますので注意して下さい。

登場人物

主な登場人物を紹介します。

草薙 素子

この映画の主人公。全身義体のサイボーグ。生まれてすぐに義体化したので、義体の操作に優れる。超一流のハッカーでもある。
軍服を着た草薙 素子
ヘリから滑り降りる草薙 素子
戦闘服に身を包んだ草薙 素子の銃撃シーン
草薙 素子

バトー

元特殊部隊員。全身義体のサイボーグ。草薙素子の右腕的存在。
微笑むバトー
厳しい顔のバトー

トグサ

電脳科はしてるが、ほとんど生身の体。妻と娘がいる。
車を運転するトグサ

愛用のマテバ(リボルバー)を撃つトグサ。
愛用のマテバを撃つトグサ

イシカワ

ネットに潜るのが得意なイシカワ。情報収集が主な仕事。
カップ麺を食べるイシカワ
ネットに潜るイシカワ

サイトー

狙撃を得意とする。
スナイパーライフルで狙いを定めるサイトー

左目は狙撃用に特別の目を装備している。
サイトーの改造された左目

パズ

戦闘ではナイフを使った接近戦が得意。
銃を構えるパズ

ボーマ

ボーマ

荒巻大輔

公安9課の部長。後に草薙素子の上司となる。
車内から指示を出す荒巻大輔
微笑む荒巻大輔

ロジコマ

草薙チームの軽戦車。人工知能を搭載していて、命令を忠実に実行してくれる。声は昔のタチコマと同じ可愛い声(沢城みゆき)です。
ロジコマ

光学迷彩(ステルス)で姿を消すことも可能。
ロジコマ

後ろにコックピットを搭載し人が乗り込むことも出来る。
コクピットをのせたロジコマ
ロジコマから下りる素子
戦闘服を着てマシンガンを構えながら走る素子

関連商品

アマゾンで動画、DVD、Blu-ray、フィギュァが販売されています。

Amazon:動画

Amazon:DVD


攻殻機動隊 新劇場版 [DVD]


攻殻機動隊 新劇場版 [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]

Amazon:Blu-ray


攻殻機動隊 新劇場版 (特装限定版) [Blu-ray]

Amazon:フィギュア


figma 攻殻機動隊 新劇場版 草薙素子 新劇場版ver. ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

感 想

感 想 (ネタバレなし)

ちょっと難しい
設定を理解してストーリーを把握するのが少し難しいです。僕は初代の攻殻機動隊からずっと観ているのですが、この新劇場版は難しく感じました。1回観ただけではよく分からないです。何度も観て理解して欲しいという制作サイドの考えなのかな。
義体の調整室

戦闘シーンが素晴らしい!
射撃のシーンや格闘シーンは素晴らしい完成度でした。銃声がリアルで迫力ありました。下の写真でも分かりますが、銃口から火をふくシーンがカッコいい。
マシンガンを撃つバトー

武器・兵器をもっとリアルに描いて欲しい
おもちゃのような武器の描き方に不満、観ていてワクワクしないのです。ガンツの武器のようにリアルに表現して欲しい。
マシンガンを撃つ素子

草薙素子に色気が無い
押井守さんの攻殻機動隊の素子にはすごい色気がありました。色気だけでなく知的で強くて、哲学的な言葉を語る魅力的な人物でした。最近の素子にはそれが感じられない。ただ可愛くて強いだけの素子に魅力を感じなかったのが残念。おそらく萌え系の女子を目指しているのだろうが、世界は萌えを求めていないと思う。
制服姿の草薙素子

世界をターゲットにすべきだ
バイオハザードガンツOのように世界に向けて世界中の誰が観ても面白く感じるように作るべきだと思う。押井守さんはそれが出来たので大ヒットした。今作品はコアな攻殻ファン向けのように感じる。
バイクに乗る素子

いろいろ言ったけど、かなり面白かった!
よく分からないシーンもありますが、この手のアニメは理解出来なくても面白い。前作のARISEシリーズより、ずっと完成度が高くて面白かった。高いポテンシャルを秘めている作品だとおもいますので、次回作に期待です。

次回作はフルCGで
ガンツ:OはCGでここまで表現できています。次回作は攻殻もフルCGで作って欲しい。

感 想 (ネタバレあり)

ご注意下さい! ここから先は映画の内容を含む感想を書いています。ネタバレをしながら感想を書いています。
続きを読む

広告

2018年 面白かったDVDランキング

デヴィッド
僕が2018年に観たDVDのランキングです。あくまで僕の評価です。昔の作品も含まれています。映画選びの参考にして頂ければ嬉しいです。

ちなみに僕はジャンルを問わずに観ますが、アクション、SF、実話映画化、アニメが好きな傾向にあります。

  1. 王の涙 イ・サンの決断(韓国映画)
  2. イノセンス(攻殻機動隊)
  3. 攻殻機動隊 新劇場版
  4. イコライザー
  5. スノーデン
  6. 第3の愛(中国映画)
  7. クリミナル
  8. すれ違いのダイヤリーズ(タイ映画)
  9. ハッピーログイン(韓国映画)
  10. スピリット
  11. 歌声にのった少年(パレスチナ映画)
  12. メッセージ
  13. マリアンヌ
  14. 君の香り(韓国映画)
  15. ヒアアフター
  16. 素晴らしきかな、人生
  17. サヨナラの伝え方(韓国映画)
  18. セル
  19. ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(途中まで)
  20. モーガン(途中まで)